工務店 注意点

工務店で建てる際の注意点を紹介!

念願のマイホーム計画を進めていたものの、何件か訪問したハウスメーカーの展示場では営業マンの強引な話の進め方でうんざりしてしまう、また想像以上に価格帯が高く設定されているため、地元の工務店を再検討される方もおられます。

 

 

 

一般的な工務店のイメージとしては、まず大手のようなブランド力がないけれども大丈夫?といったものや、大手より性能が劣るのでは?アフター体制も微妙なのでは?といったものも多く不安に思われるかもしれませんが、工務店ならではの長所もあります。

 

 

 

それは、大手メーカーと比べると建築費が安いといったことや、その工務店ならではの特色がある、融通などが利きやすいといったことがあげられます。

 

 

 

しかし、工務店といっても工務店の数は非常に多く、小規模な展開をされているところもあれば、従業員が多く大規模な展開をされているところもあります。

 

 

 

工務店では大手のようなブランド力もありませんし、広告や宣伝などにもお金をかけないため、地元での評判というものをとても大切にされているため、丁寧な施工や品質の向上に力を入れている工務店も多いです。

 

 

 

 

その一方で、突然工務店が倒産してしまったり、小規模な工務店ゆえ予期せぬトラブルに発展してしまったなどの失敗もつきものです。

 

 

 

 

そこで、工務店に依頼する場合の注意点についてまとめてみましたので、是非参考にされて下さい。

 

 

 

 

まず、先ほども工務店といっても展開されている規模は様々だと紹介しましたが、
社長が大工さんとなって経営されているところもあれば、経営者と数人の従業員で展開されているところもあるため、そのような小規模の工務店の場合は、何の前触れもなく突然倒産してしまうといったリスクを伴います。

 

 

 

 

そのため、事前に万が一の状況に陥ったことも踏まえて住宅完成保障制度に加入されておくことをお勧めします。

 

 

 

 

また、大手メーカーであればアニュアルが用意されているため、一定ラインの仕上がりになりますが、工務店の場合は、大工さんの好みや得意とされることが建物に反映されやすいため、出来上がった家に満足できない場合もあります。

 

 

 

 

そのため、その人がこれまでにどんな家を手掛けられたのか、何件か見せてもらっておくとイメージしやすいです。

 

 

 

 

工務店 坪単価|選び方や値引き情報のTOPページへ戻る