工務店 断熱性能

工務店の断熱性能はハウスメーカーと比べてどうなの?

新築で建てる場合、特に住まいの断熱性能にこだわるといった方も多いと思いますが、
断熱性能が良いと年間を通して過ごしやすく、それだけ快適な生活が実現しますのでその性能にこだわるのは当然のことです。

 

 

 

そして、今の時代は新築する際に断熱処理を施されていないケースなどほとんどないほど、ハウスメーカーや工務店では断熱性能にもこだわっています。

 

 

 

より断熱性能の高さを求めた場合、大手ハウスメーカーでの建築を選択される方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

そして、工務店の場合は大手と比較すると、やはり断熱性能が劣ってしまうのでは、、、?といったイメージをお持ちの方もおられると思います。

 

 

 

確かにハウスメーカーの中には断熱性能が業界でもトップクラスの実績を誇っているところもありますが、ハウスメーカーであっても断熱性能は様々です。

 

 

 

 

特に断熱性能を気にされる方は、事前に採用されている断熱材などを調べられると思いますが、多くのハウスメーカーではグラスウールといった断熱材が標準で採用されています。

 

 

 

 

一方、工務店の場合は、グラスウールをはじめその他の断熱材を使うことも可能で、
希望する断熱材を使い施工してもらうことも可能だと言われています。

 

 

 

 

ただし、工務店によっては一押しの断熱材というものがあり、その断熱材以外対応してもらえないこともありますが、基本的には自由に選択できることが多いようです。

 

 

 

 

気になる工務店の断熱性能に関しては、その工務店次第なところが大きいです。

 

 

 

 

実際に工務店の中には断熱性能を高めるために様々な工夫を施されているところもありますが、ギリギリのラインで次世代省エネをクリアしているなどあまり力を入れていないところもありますので、事前にその工務店の断熱性能に関する情報を調べておく必要があります。

 

 

 

 

また、いくら希望の断熱材を採用してもらっても、その断熱材の貼り方や施工によっても断熱性能に大きく影響するため、施工実績というものも非常に重要になってきますので、あまり施工実績がない工務店の場合は注意が必要です。

 

 

 

工務店 坪単価|選び方や値引き情報のTOPページへ戻る