工務店 耐震

工務店の耐震性能は大丈夫!?

日本は地震大国だとも言われており、耐震性に考慮されながら家造りを考える方も多いです。

 

 

 

高い耐震性能や技術を考慮した場合、まず耐震面で安心できる大手ハウスメーカーを検討される方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

大手だと最新の技術や高い性能が期待できるのは事実ですが、予算の問題から工務店での建築という選択をされる方もおられますが、そうなると今度は耐震の性能が不安になってしまい話が進まない、、、。

 

 

 

もちろん、工務店であっても耐震基準はクリアされていますので、耐震性が期待できないというわけではありませんが、大手ハウスメーカーの場合は耐震等級3が標準仕様となっていたりします。

 

 

 

住宅をはじめ、建築物には国が定める建設基準法によって、耐震基準というものが定められており、1〜3の等級によって表され、この数字が大きくなるほど耐震性が強いという目安になります。

 

 

 

 

耐震性に関しては、ハウスメーカーの場合は耐震性能を高めるために独自の技術を開発し、採用していたり、実際に大規模な加振実験を行い、性能の高さを実証されています。

 

 

 

 

さらに、実際に起こった大きな地震でも倒れなかったという事実が宣伝効果ともなっています。

 

 

 

 

一方、工務店では大規模な加振実験などが行われておらず、性能が確かなものなのかということが実証されていないため、耐震性が劣るのではないか?と勘違いされている方も多いようですが、工務店だから耐震等級が低いというわけでも、耐震性が劣るというわけでもありません。

 

 

 

 

実際に、工務店の中には耐震強度を上げるための技術を採用されているところもあります。

 

 

 

 

そのため、耐震性を最優先に考慮しながら家造りを行うことで、耐震性の高い家を造ることも可能ですし、耐震等級3の建築も可能となります。

 

 

 

 

工務店 坪単価|選び方や値引き情報のTOPページへ戻る