工務店とは

工務店とは

工務店とは、家を建てる際に実際に総合的な工事を請け負い、施工を行う業者のことを言います。

 

一般に工務店といえば、比較的狭いエリア内で地域に密着し活動している建設会社のことを言い、

 

地域密着型なので親近感や何か不具合があった時の素早い対応なども期待でき、融通がきくというメリットがあります。

 

工務店の特徴としては、木造軸組工法を取り入れている工務店が多く、自由設計、施主の細かい要望や条件に合わせ設計してくれます。

 

家を建てる場合に、工務店に直接依頼するケースもありますし、住宅メーカーで建てる場合はその住宅メーカーが特定の工務店を指定して監理するといったケースもあります。

 

 

工務店で建てる場合のメリットとデメリットについてもふれておきます。

 

【メリット】
・価格が安い。
・地域密着型の工務店が多く、何か不具合があった時に連絡を入れるとすぐに対応してもらえる。
・多少無茶な注文でも対応してもらいやすい。

 

 

【デメリット】
・大手住宅メーカーの場合は簡単に倒産するというリスクはありませんが、工務店の場合はリスクがあり安心感がない。
・工務店によってはアフターフォローがない場合もある。
・提案力やデザイン力に偏りがあり、理想とは程遠い家になってしまうこともある。

 

 

全国には様々な工務店があり、設計から工事、アフターメンテナンスまでしっかりとしている工務店を選ぶことは難しいと言われています。

 

工務店も千差万別ですから一くくりにはできませんが、工務店を選ぶ際のポイントとして、会社の質やアフターフォロー、デザインが自分に合っているのか、長期優良住宅などを建てた実績が多いか、その工務店の評判や口コミはどうなのかなど、、、様々な視点からチェックすることが大切です。

 

 

工務店 坪単価|選び方や値引き情報のTOPページへ戻る